現 竜理長(髙橋竜、三柴理、長谷川浩二)、NUOVO IMMIGRATO、大槻ケンヂ・ミステリ文庫。陣内大蔵サポート。CMナレーション、「渡り廊下走り隊」などへの楽曲提供など幅広く活動するベーシスト/ミュージシャン髙橋竜奮闘記。ex-SUZY CREAM CHEESE、ex-特撮、ダイアモンド☆ユカイ等サポート。


by ricken4001s
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

逆に新鮮。(They aren't get used to this kind of music. )

 学校での今日の課題、TOTOのGEORGY PORGYであった。普段あまり16ビートの曲はやらないと言う学生さんだったので「ああっ、もう自分の青春時代のカビの生えた曲でごめんね」と言う罪悪感いっぱいで始めたのだが、意外と食いつきが良くてビックリした。

 もう何年もせんせいをやらせて頂いているのに毎回発見があってどうかと思うのだが、今日改めて認識したのは「ベースラインには本当にこれだけは外してはいけない主役の部分と、どうでも良い脇役の部分がある」と言う事。この事を明確に伝えられると、途端に意欲的になる学生さんがいる事が分かったのが今日の発見で、事実その学生さんも最初細いところまでやっていた時にはあまり楽しそうではなかったのに、途中で僕が「あっ、このまま細かくやっていると時間内に曲の最後まで行かないな」と判断して「もうフィルはどうでも良いよ。このバスドラとシンクロした、ドッ、ドドッさえ出来ていればもう充分過ぎるほど役目を果たしているから」とお伝えしたらその後がすごかった。

 もう「主役のドッ、ドドさえ出来ていれば良いんでしょう、それ以外はおまけなんでしょう」と把握したその学生さん、本家のデヴィッド・ハンゲイトが「ワオ〜、それどうやってんの!?」と聞きに来そうになるぐらい、格好良い独自のフィルを楽しそうに幾つもかましてくれた。いや〜、せんせいとしてある程度の経験を積んで来たと図々しく思っていた部分もあったのだが、まだまだヒヨッコですなあ。毎回のこういう発見を糧に少しずつでも改善して行けたら良いな、なんて思っているんである。
d0013834_07125388.jpg
*学食ランチ。(The lunch I had in school cafeteria. )
d0013834_07125337.jpg
*本日の夕飯。(And this is tonight's dinner. )

竜理長のページ(竜理長ファーストアルバム、好評発売中! )
次回のライブは2019年7月22日(月)、高円寺JIROKICHIでの「BEST of PIANISM 竜理長の巻」です(5月23日よりeチケット先行抽選受付開始!)。

DANDELIONスクールのお問い合わせメール ボイトレ、作曲/アレンジ、ベース、音源制作等、音楽のお悩み相談、レッスンのお問い合わせはこちらからどうぞ!!!

『リズム/ハーモニー/メロディから解き明かすベース・ラインの手法』発売中!! (My new method for making the bass lines is to be out on Sept. 20th!! )

「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! 電子版もどうぞ!!! ("BASS MAGAZINE's THE BASIC BASS
TRAINING
「究極のベース・トレーニング・バイブル」発売中!! (The Ultimate Bass Training Bible is on sale now.)


by ricken4001s | 2019-05-10 23:51 | 音楽 | Comments(0)