柏(KASHIWA)

 本日のHOTLINE千葉ファイナルは、なんと柏のPALOOZAと言うライヴハウスで行われた。柏と言えば春の「オーケン竜理長スイーツ・ツアー」で訪れた時に、オーケン氏が「少しロマンティックな話でもしましょう」と言った時に僕が脊髄で反射的に反応して「えっ? 柏で?」と思わず言ってしまった土地。

 今にして思えば、柏駅の改札で今生の別れで「A子〜」「B男さん!」と言い合って二人が抱き合う、なんて言うロマンチックな事も日々行われているに違いない、とも思える。もう本当僕のある土地の人に対するステレオタイプ(国内だと角が立つので、例えばイギリスのバーミンガムの人は大体ブラックサバスかアイアンメイデンかジェスロタルが好きで、タイヤ工場で働いていてビールはぬるめのワンパイントでフィッシュアンドチップスがベチャベチャでも文句言わないでサッカーの話ばっかりしているとか)、いい加減に治したいと思っている。

 とまあそんなこんなで千葉ファイナルである。でもって勝ったバンドのベーシストが結構前に出るタイプの子で、個人的にはピート・ウェイ(イギリスはUFOというバンドのベーシストで、その後のクワイアボーイズのベースのナイジェル君はピートの在籍したUFOのヴォーカル、フィル・モグ氏の甥っ子さんである)みたいでカッコイイなあと思ったのだが、僕以外の審査員の皆さんからは「暴れすぎでベーシストとしていかがなものか」とあまり評判が宜しく無かった。う〜ん、こんなところにもシサがあるのかと思いつつ、でもそれはそれで面白いなあと思った千葉ファイナル。そういえばクワイアボーイズにインタビューした翌日、今は無き六本木のABC書店でナイジェル君とバッタリ会って、お互いに「あれ〜っ、何やってんの〜」なんてなったのも今となっては良い思い出なんである。

 と言うわけで本日参加してくださったみなさん、応援に来て下さったみなさん、そして支えて下さったみなさん、本当にありがとうございました。ZOZOTOWNの前澤社長とかマツコ・デラックスさんとかキムタク氏とかXーJAPANとか、やはり千葉県には計り知れないポテンシャルがあると思います。もしまた柏でやる時には口が裂けてもロマンティックではないとか、言わないように精進したいと思っておりま〜す!!!
d0013834_23302080.jpg
*PALOOZA
d0013834_23300576.jpg
*審査員3人。(The 3 judges. )

竜理長のページ(竜理長ファーストアルバム、好評発売中! )
次回のライブは2019年1月18日(金)、高円寺JIROKICHIでの「猪突猛進!竜理長」です。

DANDELIONスクールのお問い合わせメール ボイトレ、作曲/アレンジ、ベース、音源制作等、音楽のお悩み相談、レッスンのお問い合わせはこちらからどうぞ!!!
「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! 電子版もどうぞ!!! ("BASS MAGAZINE's THE BASIC BASS
TRAINING
for 365 DAYS!" is now on sale!! Enjoy the Ebook version as well!!!)

「究極のベース・トレーニング・バイブル」発売中!! (The Ultimate Bass Training Bible is on sale now.)


by ricken4001s | 2018-09-24 23:27 | 音楽 | Comments(0)

ex-SUZY CREAM CHEESE、ex-特撮、ダイアモンド☆ユカイ等サポート。現 竜理長(髙橋竜、三柴理、長谷川浩二)、NUOVO IMMIGRATO、大槻ケンヂ52nd BAND。陣内大蔵サポート。CMナレーション、「渡り廊下走り隊」などへの楽曲提供など幅広く活動するベーシスト/ミュージシャン髙橋竜奮闘記。


by ricken4001s