ピッチの悪さに落ち込み

 今日はスイングカルテットのほうのリハである。昨日孝太郎君のピッチの良いチェロを聞いていた僕。アップライトもイメージではあのぐらい良いピッチで鳴っていたのだが、新曲で楽譜見ながらだとけっこう凄い音程になってしまう。う〜ん、昼間家で練習した時にはけっこう良いピッチで行けたのになあと悔しがっても、今日は新曲中心。しかも今日キーを合わせたりしているので殆ど初見状態、譜面について行くのがやっとという感じだ。

 今度のスイングカルテットのライヴは、題して「夏スペシャル」! このタイトルも今考えたのだが、衣装からなにから夏にこだわった物にしようと思っている。そして恒例のカヴァーのほうも、少し夏にこだわった物にしようと思っているのだが、それを僕達流にアレンジするのに少し時間がかかってしまって全曲はあたれなかった。

 リハが終わっていつもならそこで帰る感じなのだが、今日は決めなくてはいけない事もあったせいか本間さんがご飯を食べに行きましょうと誘ってくれ、珍しくスイングカルテット全員でご飯を食べに行った。決めなくてはいけない事は速攻で決まり、その後雑談が始まったのだが、なんでも並木さんはこの前来日したジェスロ・タルを見に行ったとかでかなり興奮してその時の話をしていた。また武満徹の音楽をやるコンサートにも行ったそうで、それについても熱く語っていた。そういえば昨日も孝太郎君が「JAZZTRONIKの野崎君は本当にひと月5万円ぶんぐらいCDを買って色々な曲を聴いて勉強していたんですよ〜」と教えてくれたっけ。昨日に続き、並木さんの発言を聞いていると自分の勉強不足を実感するなあ〜と落ち込む僕。そして帰ってからはこの前孝太郎君が置いて行ったロン・カーターのバッハをやっているCDを速攻で聴いたりしているのだからつくづく単純である。ちなみにそのCD、孝太郎君が「けっこうピッチ悪くて気持ち悪いですよ」と言っていたにもかかわらず、少なくとも僕よりはずっとピッチが良い。う〜ん、もっと音楽に対して勉強熱心になればピッチ良くなるのかしら。いや、練習しかないでしょ! とばかり、僕はなぜだかシューマッハーズのヴォーカルのほうを練習した。う〜ん、こっちももっとピッチ良くなりたいのだが…。

スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
しまった! 意外とランキング落ちています。よろしくです!
人気blogランキングへ

# by ricken4001s | 2005-08-04 23:20 | 音楽 | Comments(7)

エレクトリック・チェロとは、非常に暖かい音でありました

 ブログとは恐ろしいもので、読者の方々には「あれ〜、意外とライヴのリハって大して回数やらないんだなあ」とかバレてしまうのだが、今日はシューマッハーズ孝太郎君を交えての最初のリハである。リハをやるまでは「いくらエレクトリックとはいえ、チェロちゃんと聴こえるかなあ? 俺も音でかいし、港のヨーコもけっこう音でかいぞ〜」とタカをくくっていた。それは持ち込みで持って来た彼のアンプを見ても考えは変わらなかったのだが、実際に音を出してみるとあら不思議。バッチリ聴こえるうえに全然うるさくないのだ。当たり前の話だが最初音が出る時スーッと入ってくるのがああいう弓で弾く楽器の特徴。そのせいか色々と効果音やアバンギャルドな音なども出しているんだがなんかみんなを包み込むというか、お邪魔な感じが全然ない。どんな美しい女性が弾いているのかとその音のする方向を見ると、短パンの孝太郎君がまたをオッ広げて弾いているという現実が見えるのは笑えたが…。

 リハはスムーズに進み、結局孝太郎君も王選手の例にならって全曲参加する事になった。しかし王選手といい、孝太郎君といい、なかなか良い感じでギター、キーボードの2人とうまくコラボしているのは凄い。低音楽器のゲストだとやっぱり僕はその曲お休みとかそういう感じになってしまうのだろうから、そういう点ではいわゆる上物と呼ばれる楽器はフットワークが軽くてうらやましい気がする。それにしてもチェロの音は暖かいし、ヴァイオリンみたいにピキ〜ッて高音で来ないのも良いなあなどと考えていると、実にスムーズに進んだリハは終了となった。

 その後ちょっと軽くご飯を食べに行った僕達。なんでも孝太郎君は最初にこういう音楽の仕事を始めたのは椎名林檎のサポートからだったんだとか。その後JAZZTRONIKのサポートとなって今に至るらしいのだが、エレクトリック・チェロの人というのはそんなに人口も多くないらしいので彼はきっとこれからも大活躍するだろう。気軽に「ゲストで来て〜」とか頼めなくなったら悲しいが、まあその時はその時で。というわけで、今後は皆さんも是非彼の活躍に注目していて下さいね〜! ではでは!

スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
おかげさまでランキングあがって来ました! 引き続きよろしくです!
人気blogランキングへ

# by ricken4001s | 2005-08-03 23:44 | 音楽 | Comments(8)

打ち合わせは電車で

 今日はいわゆる「仕事の打ち合わせ」というやつである。1曲だけなのだがとある事務所主導でアレンジの仕事をやる事になり、その打ち合わせでその事務所に出向くわけだ。夏はいつもT-shirtsの僕も、いちおう打ち合わせなので襟のあるポロシャツなのぞ来て駅に向かった。打ち合わせというのは(まあ他の仕事もそうだけど)絶対遅れられない。しかも大体あまり行き馴れていないところで打ち合わせる場合が多いので僕は出来るだけ電車で行くようにしている。知り合いのアレンジャーさん(かなり売れっ子の人だ)なんか打ち合わせに遅れそうになって走って、ロープに引っかかってこけて骨折した事すらあるらしい。

 し、しかしである。いつもこういう打ち合わせにはだいたいチノ・パンを履いて行っている僕だが、今日そのチノ・パンのポケットのところがすり切れているのを発見。しかたなくカーゴ・パンツ(まああまりカジュアル過ぎないもの)に履き替えたのだが、それはポケットに財布の入らないパンツ。こういうパンツの場合僕は財布を鞄に入れるのだが、途中で「ええっと、忘れ物ないよね。鞄に財布って…。ゲーッ、財布忘れた〜!」と気付いてしまった。慌てて家に帰り、財布をゲット。もう一度電車で行っても十分間に合う時間ではあったが、もらった地図によると(というか1年半ほど前にそこには1回行っているはずなのだが忘れている)駅からかなり歩くようだし、信じられないぐらい暑かったので「え〜い、ならば車で行ってしまえ」とばかり、僕は珍しく車に乗って打ち合わせに向かった。

 駒沢通りと国道246の間ぐらいにあるその事務所。僕にとってはそのエリアはヴァーミューダー・トライアングルのサルガッソー海かはたまた富士山の青木ヶ原の樹海ぐらい、一度入ったら出てこられないような印象なのだが、幸い今日は地図もわかりやすく20分ほど前にその事務所の前に着いた。しかし、ここからが難儀。都内は路上駐車などとても出来るはずもないのでコイン・パーキングを探さなくてはならない。いつもならここでアタフタして結局ギリギリになってしまう僕だが、今日は何故か勘で曲がった1つめの角にコイン・パーキングを発見。10分前には歩いて事務所に着く事が出来た。

 今日の打ち合わせ、お話を頂いたのは昔からお世話になっているここの偉いさんなのだが、直接担当する女性の方とは初めて仕事をする。色々と打ち合わせているとその偉いさんが入って来て色々と僕では気付かなかった事など突っ込んでくれる。「お〜、俺なんて鈍感なんだろう。そんなの気付かなかったよ〜」などと感心していると彼は「竜ちゃん打ち合わせ終わったらちょっと僕とも打ち合わせさせて〜」と言って去って行った。そうこうしているうちに打ち合わせは無事終わり、その彼のところに行くと、何やら音源を聴かされた。なかなか面白かったので「なかなか面白いですね〜」と言うと「じゃあちょっとライブからやっていこうと思うので色々仕切ってよ〜」とのお誘い。「ハハ〜ン、仕事振ってこれをやらせようという魂胆だったなあ〜」とニヤリとするも、なかなか光るところがあって面白そうな子なのでこちらも乗り気である。何曲か聴き進んでいると「じゃあいついつぐらいからライブ入れて行くんでメンバーとか考えておいてね〜」と、まだ僕はやるともやらないとも言っていないのだがやる事になった(笑)。まあ、どのみちこの人からの頼みは断れるはずもないのだが。

 帰りこの子の楽曲と今日打ち合わせした今度アレンジをやる子の楽曲を交互に聴く僕。そういえばジャンピング・ベティ以来プロデュースやアレンジみたいな事からはすっかりご無沙汰している。たまにはアレンジャー/プロデューサー竜ちゃん復活するのも良いかもなあなどと思いつつ、はたまた「この暑いのに自宅でああでもない、こうでもないとアレンジ作業するのもツライな〜」などと恐れおののいたり、なかなか踏ん切りのつかない情けない僕なのであった…。

スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
おかげさまでランキングあがって来ました! 引き続きよろしくです!
人気blogランキングへ

# by ricken4001s | 2005-08-02 22:51 | 音楽 | Comments(12)

9月のライヴ予定!

今日は昨日の夜の特撮ライヴ〜スタッフ約1名のお別れ会でお疲れ。1日まったりモードだった。これを読んでいる方々が「なんかこの人最近お休み多いけど大丈夫なのかしら? 」とか御心配されても申し訳ないので、9月のライヴ予定などを御紹介したい。

まずはこれ! 御好評につき第2弾!

2005/09/17(土) 大谷レイブン高橋リョウ アコースティックライブ 

◆葛飾区お花茶屋 東邦酒場
◆open18:00/start20:00
◆charge:\2000(飲食は別途)
※飲み物・料理の関係で19:00までには席について欲しいそうです。
◆予約問い合わせ・東邦酒場(TEL:0336970644/mail:touhousakaba@nifty.com
 東邦酒場HP www.saitamaya.net/master/

*前回は満員御礼。入れなかった方もいらしたので、早めに連絡してみて下さいね! 売り切れ御免という感じのアコースティック・ライヴ。今回もやって欲しい曲リクエスト大募集です! よろしく!

お次はこれ! ひさしぶりにやります!

2005/9/24(土)NUOVO IMMIGRATO

川崎セルビアン・ナイト
*詳細未定ですが、イベントのゲストなので対バンです。詳細決定したらまたお知らせしますね!

というわけで本日は手抜き失礼!

スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
おかげさまでランキングあがって来ました! 引き続きよろしくです!
人気blogランキングへ

# by ricken4001s | 2005-08-01 22:45 | 音楽 | Comments(10)

空き時間の過ごし方PART 2 (CRUSH OF MODE)

 今日はO-EASTで「CRUSH OF MODE」というイベント。メトロノームはじめ、個性派ヴィジュアル系バンドに混じって特撮が出演したわけだが、沢山バンドが出るので当然リハから本番の間に長〜い空き時間が出来てしまう。以前も書いた通りこういう時僕は三柴さんとデートというのがありがちなパターンで、実は今日も映画を見に行こうというアイデアもあったのだがなんとなく立ち消えになってしまった。

 リハが終わってしばらくは楽屋にいたのだが、一念発起。僕は1人電車に乗って都内某所にあるお寺に向かった。そう、ここは母親の実家でもあり僕が小学校4年生まで住んでいたところであり、今日は丁度祖父の命日なのだ。本当は正面から入らなければいけないのだが、道を知り過ぎているため御本尊の大日如来像(本堂の裏側にひっそりといらっしゃる)からお参りした。以前にも書いたかもしれないが、小学校の時僕はよくこの像から飛び下りながら近所の子供にライダー・キックをかましたりしていたのだからつくづくバチ当たりなガキである。そして本堂を目指しつつ表にまわった僕だが、その時僕の前を黒猫が横切った。「ゲッ、黒猫が前を横切るのって縁起悪いんじゃなかったっけ!?」と一瞬ドキッとしたが、考えてみればそれはフィンランドの言い伝えだし、こんな日本のしかも霊験あらたかなお寺でそんな言い伝えが通用するはずもない。なのに一応それを封じるおまじないみたいな事もやってみてしまう僕はつくづく気が弱いんである。
 
 無事表にまわって、今度は本堂でお参り。その後ちょっと出来心でおみくじなんかひいてみると、なんと大吉! これは縁起が良いとそのまま階段をおり、子供の時に侵入して出られなくなった(確か柵をチェーンソーでブッタ切ってもらって救出してもらったはずである。すいませ〜ん! )仁王門をくぐり、お墓へと向かった。そう、今日ここに来た目的は墓参りなのである。そのお寺の住職であった母方の祖父、その隣にある祖母の墓(偉くなり過ぎると夫婦でもお墓別々になってしまうらしい)をお参りし、うちの先祖代々のお墓を少し掃除してだいたいやる事は終わった。「しかし暑いなあ〜。またこれで駅まで歩いて渋谷に戻るのか〜」と思ったら気が遠くなったが、ふと見るとバス停がある。しかも見ると「渋谷駅行き」! こりゃラッキーとばかり近所のじいさんばあさんに混ざって一路渋谷を目指した。

 会場に戻るともうイベントははじまっていた。そしてメイク・チームも到着してメイクをしてもらい、いざ本番! これが終わると少しの間特撮のライヴは無いというわけでみんな気合いが入っている。僕もけっこう気合いが入ったのだが、やりながら「今日全部のバンドの中で、空き時間に墓参りに行ったの多分俺だけだなあ〜」と思ったらおかしくてたまらなくなってしまった。終わってみるとしかし、今日はミス・ショットみたいなのも含めてノー・ミス。完璧に弾けた気がするのだが、これもお墓参りパワーか!? な〜んて、単純な僕はにわか神頼みベーシストになっていたのであった(笑)。

スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
おかげさまでランキングあがって来ました! 引き続きよろしくです!
人気blogランキングへ

# by ricken4001s | 2005-07-31 23:14 | 音楽 | Comments(9)

ザ・接骨院

 今日は明日のイベント用に特撮のリハである。最近ダラダラし通しだったのに昨日ちょっと別件でベースを弾いたものだから身体が痛い。実はここ数年持病的に長時間ベースを弾くと左側の下半身が痛くなってしまう。そのため以前からけっこう接骨院に通ったりしていたのだが、昔は遠いところに通っていた事もあってか行ったり行かなかったり。これじゃあ良くなるはずもないのだが、今年上半期は意外と大丈夫であった。ところが例の6月の大忙しの時期に、またもやお尻からふくらはぎにかけてパンパンにはってしまったのだ。

 どうにも困っていると、そういえば歩いて行かれる近所に新しく接骨院ができていたのを思い出した。すかさず僕はその6月の多忙時期から通いだし、歩いて行かれる事もあっておじいちゃんよろしく毎日のように通うようになっていたのだ。ある時は居合わせたおばあちゃんに「あら〜、あなたみたいな若い人も身体痛くなるの〜、私は骨折のリハビリなんだけどなかなか治らなくてねえ」と話しかけられたり、明らかに部活かなにかで足首をひねってしまったといった見ているだけで痛くなりそうな感じの中学生などに居合わせたりした。そういう人達に比べると、はっきり言って僕は見た目かなり軽症である。が、痛くなってくるとけっこう痛い。だんだん「下半身だけやってもらっても良くならないのでは!?」とか「そもそもベースが重いのがいけないに違いない」 と疑問を持った僕、前回は肩も見てもらったのだがなんとこれが長年の蓄積でベースをかつぐ左側の肩が右に比べて落ちてしまっているらしい。なんでも他の患者さんでプロゴルファーの方がいるらしいのだが、その方の肩も重いゴルフバッグを持つせいで下がってしまっているとか。まあ、そこは先生「エイヤッ」と肩の高さはあわせてくれたのだが…。

 で、今日はリハである。なので僕は午前中に接骨院に行った。いつものように電気治療にマッサージ、最後はウォータ=ベッドでホルガー.・チューカイみたいな怪しいヒーリング・ミュ=ジックを聴きながら機械でマッサージしてもらう。う〜ん、スッキリしたんだけど明日まで保つだろうか。あ〜僕も有松みたいにちゃんと演奏前にストレッチする癖をつけなきゃと思うのだが、いざ演奏する前になるとなぜだか忘れてしまう。四十路でベース弾くのも、それは色々と大変なんである。あ〜、身体ほぐしたい〜。温泉行きたい〜。柴漬け食べたい〜!

スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
おかげさまでランキングあがって来ました! 引き続きよろしくです!
人気blogランキングへ

# by ricken4001s | 2005-07-30 23:48 | 音楽 | Comments(9)

うまいぜ! 中華料理!

 さすがに今日は仕事あったのだが夜は暇である。と、思っていた昨夜、ふと見るとメールが入っていた。時々カラオケのコーラスのレコーディングに行くスタジオのエンジニアの子からで「先日紹介いただきましたMIDIデータ製作者候補のうち、1名が実際に稼働できるようになりました。つきましては社長が竜さんと一席もうけたいと申しております。明日の夜なんかいかがでしょう? 」とある。メールにはご丁寧に「どんな料理がお好きですか? 和食、洋食、中華?」とある。これは普通「どれでもかまわないですよ〜!」と入れるところなんだろうがずうずうしい僕は「できれば洋食以外で! 」とか入れてみた。

 で、今日指定された時間にその会社に行ってみる。この会社、主な業務はカラオケのデータ製作で、ゲーム音楽のデータなども制作しているのだが、MIDIでどんなに精巧に作ってもさすがにコーラスだけは(ギターも生で録音しているそうだが)生でないとうまく行かない。というわけで僕はここに時々コーラスをレコーディングしに来ているのだが、ある日僕がコーラスを録音していると社長さんが入ってきた。「先生〜(エンジニアの子が元生徒なので社長さんは僕の事をそう呼ぶ)MIDIデータ製作もやりませんか!?」と聞く社長さん。データ製作はけっこう大変だと色々な人から聞いていたのでその場しのぎに「いや〜僕はそうやって家でじっくりやる作業苦手なんですよ〜。若くてそういうの得意な人なら何人か紹介できます」と発言してしまい、その後本当に何人かを紹介、そのうち1人が採用となって今日の会へとつながったわけだ。

 僕の2つしか年上でない社長さんが連れて行ってくれたのは、会社の近くの中華料理屋さんである。もともとはサポート・ミュージシャンとして忙しい日々を送っていた社長さん、20代後半に今の会社を立ち上げたらしいが話して行くと共通の知り合いも何人か出て、それはそれでなかなか面白い。僕のもと生徒のエンジニアとデスクの女性の方とのやりとりを見ても、なかなかこの会社がアットホームで良い感じでまわっているのが見て取れる。社長さん「僕はもうギターやってないですからね〜。先生は頑張ってますね〜」みたいなニュアンスの事を僕にもしきりに言っておられたが、いやいや、社長さんこそ社員をちゃんと食べさせているんだからそっちのほうが凄いじゃないの!  と心の中で思ったが口の中に担々麺が一杯だったので口に出して言うのはやめておいた。

 ほぼ初対面だったわりには話もそれなりに盛り上がり、おなかのほうも膨れ上がり、会はお開きとなった。今日の会、社長さん的には本当にただただ「人を紹介して頂いてありがとうございました! お礼に中華でも御馳走しますよ! 」という趣旨だったんであろう。エネルギッシュな社長さんと話していたら、元気のもとも御馳走して頂いたようで、なかなか気分が良かった。御馳走さま〜! やっぱり人と会うというのは楽しいもんですねえ…。

スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
おかげさまでランキングあがって来ました! 引き続きよろしくです!
人気blogランキングへ

# by ricken4001s | 2005-07-29 23:00 | 音楽 | Comments(5)

空間系チェリスト現る!

 さすがにず〜っと夏休みしていては世間の働き者のみなさんに顔向けができないなあ。そろそろダラダラせずにちゃんと遊ぶか〜などと、釣りに行く気になっていたのだが(仕事じゃないじゃん!)、あまりの暑さにヘナヘナしてしまい(夕方だけ竿を出そうという魂胆にも関わらず)またも無駄に1日を過ごしてしまった。

 そういえばこんなに時間あるなら、シューマッハーズにゲスト参加してくれる孝太郎君用に資料作んなきゃな〜とか思っていると電話が鳴った。なんとその孝太郎君からで、今晩資料を取りに行きたいと言うのだ。こりゃコギャルに日サロ、いや渡りに船、ラッキーと思いつつも本当は参加して頂くんだからこちらから持って行かなきゃダメじゃないと反省しつつ、ライヴのMDをダビングする準備に入る。のだが、そこからがいけなかった。慎ましくもスーパーで買ってきた鰻丼を食べてビールを飲みながらちょっとテレビをつけると、明らかに2流(失礼)と思われる映画をやっているじゃない。なんか呪われた潜水艦の中で色々と事件が起こるという、完全に「エイリアン」のパクリじゃん、設定から2流まっしぐらという映画なのだが、どうもこれが意外と面白い。海中シーンのCGなんか、予算が無くて専門学校生にやってもらったの(!?)と突っ込みたくなるぐらいのレベルなのだが、そのダメ具合がまた哀愁があって良いのだ。

 というわけでその映画「ビロウ」に見入っているとまたも突然電話が鳴った。「ひえ〜着信アリかよ〜! 怖いよ〜」と思って電話に出ると、その先は悪魔でもなんでもなく孝太郎君。「今から向かいますから〜」というその明るい声は、今の僕にはどんな悪魔よりも恐ろしい。やっば〜! と我にかえりダビングを始めるも、意外と近所に住んでいる孝太郎君。しかも夜で道が空いているのもあってか、一瞬で家に着いてしまった。「まあでも、一緒にビールでも飲んでその間にダビングすれば良いや〜」とか甘い事考えながら勧めると「いや〜僕ちょっとでも飲むと限界まで飲んじゃうんですよね〜」と断られる。さすがにこれから運転する人にそう言われちゃ無理に勧めるわけにもいかず、とはいえ家には他に飲み物と言ったら「ハワイ・ウォーター」しかない。しかたなくそれを勧め、おつまみもないのでさっき作ったキャベツのサラダ(本当、とことん生である)を出すぐらいしかできなかった。

 僕だけビールを飲みながらダビングがあがるのを待っていたのだが、結局僕のほうが酔っぱらってしまい、シューマッハーズの音源もそぞろに孝太郎君のバンドの音源を聞いたりして夜は更けて行く。「さすがに生チェロは音良いねえ〜」と知ったような口を聞くと「あ、この曲はスタインバーガーのエレキ・チェロですよ」と答えられて絶句。「この曲のチェロはかなりリアルだね〜」とか違う曲で言うと「いや〜これは生チェロなんですよ〜」と答えられ、さすがの僕も諦めて色々とJAZZTRONIKの裏話なんかを聞いて笑う事にした。僕の一方的な酔っぱらい攻撃に疲れてか「さ〜てさすがにそろそろ帰ります〜」と腰を上げる孝太郎君。気がつくと譜面もコピーしていない事に気付いたダメ・バンマスは車に乗せてもらって近所のコンビニへ向かい、ここでいよいよやっと空間系チェリストに資料が渡ったのであった。しかし考えてみれば、シューマッハーズの音も聞かせずに強引にゲスト参加させてしまった僕。音の感想とか、全く聞かなかったけど大丈夫なのかなあ。まあでも、文明さんもそうだったし、空間系だから何やったって良いんだけどね! みなさんも空間系チェリストに乞うご期待!あ、同時に「王選手」を上回る源氏名も募集中です!
d0013834_1105363.jpg

孝太郎君の参加しているJAZZTRONIKの「七色」。奇しくも以前特撮のいた徳間ジャパンから出ているのだ。普段あまりハウス聴かないのですが、これはカッコ良いなあ〜!

スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
おかげさまでランキングあがって来ました! 引き続きよろしくです!
人気blogランキングへ

# by ricken4001s | 2005-07-28 23:25 | 音楽 | Comments(10)

DANDELION イベント・キャップ

 今日も本当にちょこっとしか仕事がなかったので、次のシューマッハーズのライヴで売ろうと思っている物販など紹介してみたいと思う。次に売る物販は、シューマッハーズの名(迷!?)曲「Wの野球帽」にちなんだ「dandelion イベント・キャップ」である。こちらの帽子、かつてみんなから「ドメンスティック・ヴァイオレンス!? 」と疑われた例のdandelionのロゴがキャップにあしらわれているというもの。ところが今回はかなり小さくプリントしなくてはいけないので、文字がつぶれないようにとか、色々と変更しなければならなかったのだ。

 普通ならそういう変更もデザイナーさんにお願いするのが確実なのだが、今丁度デザイナーさんが立て込んでいるので、頼むのも申し訳ない。なので不詳私めが、イラストレーターの教則本を片手に「ええと、円をもっと下から始めるのはこうやるのかしら? 」などとエディットしては業者さんに愛あるダメ出しをくらい、何度かのやりとりの末完成したものである。しかし、あれである。世界一小さい弱いレコード・カンパニー(として機能していないし、法人化すらしていないのだが)としてスタートしたはずの「dandelion records」の代表としては、イラストレーターを鼻歌まじりで操作して、ちょっとしたデザインのエディットぐらいできないといけないのかもしれない。今回はここまでが限界ではあったが、次はちょっとデザインとかも挑戦してみたいなあなどと、大それた事が頭をよぎったりもする。いやいや待てよ。シューマッハーズのロゴといい、やはり本職のデザイナーさんというのはそれはそれは凄いし、一時期チラシに僕が勝手に和田監督のシルエットを書いたら、どう見ても「未知との遭遇」の最後に出てくる宇宙人そっくりだと、遠く火星からもクレームが来たもんなあ…。やっぱりダメかも!?
d0013834_236071.gif

今までのロゴと若干違うのわかるかなあ!? ちなみに今回はユニクロ方式で全20色! 数に限りがあるので早いもの勝ちで全色揃えて欲しいなあ! なので帽子買うのはもうちょっと待ってね!

スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
おかげさまでランキングあがって来ました! 引き続きよろしくです!
人気blogランキングへ

# by ricken4001s | 2005-07-27 23:04 | 音楽 | Comments(8)

ユンナ「ほうき星」

 おかげさまで今日も夏休みよろしくゆっくりしていたので(というか本当は夜友達のライヴを見に行くはずだったのだが、台風が来ると聞いてとりやめにしたため)特に書く事もない。なので最近(でもないが)特撮やスージー以外でやった仕事をちょっと御紹介しようと思う。

 今日御紹介するのは韓国のシンガー、ユンナの「ほうき星」。実はこれだいぶ前にレコーディングしたものなのだがそれが2ヶ月ほど前発売になり、アニメ『BLEACH』のエンディングテーマだった事もあってかチャートもかなり(15位ぐらい行ったとか。もしかしてもっと上にも行ったのかな?)あがっていた。たしか6月頃だったと思うのだが、その時ギターを弾いていたまなお君(ケミストリーのギタリストをやったり、sowelとかBOAとか、色々な人のアレンジやプロデュースも手掛けている)から別件でメールが入り「そういえば竜さんと一緒にレコーディングしたあの韓国の子の曲あがってますよ〜」と教えてもらったのだ。

 実はこの仕事、レコーディングの数週間前に僕がちょっと用事があって区役所に行っていたらそこで近所に住んでいるまなお君とばったり。その後このレコーディングでベース弾いて下さい〜と依頼があったという事は、あの時区役所でばったり会わなければ仕事も振ってもらえなかったという事になる。いや〜、人間の運命って本当わからないなあ(大袈裟〜!)とか思いながらスタジオに行くと、どうやら今回はまなお君はアレンジャーではなく、ギタリストとしてレコーディングに参加している様子。アレンジャーはミニモニの「じゃんけんぴょん」をアレンジした田中君。彼はなんと弱冠21〜22才ぐらい。どうやら田中君はまだあまり生バンドでのレコーディングした事がなく(時代ですなあ)ミュージシャンもあまり知らないというわけでギターのまなお君がメンバー集めなど生部門の仕切りをまかされていたようなのだ。ちなみにユンナも弱冠17才。ということはこの2人の年令を足しても僕の年令に追い付かないじゃないの〜と目の前がクラクラしたのをおぼえている。

 このユンナ、日本語の発音もべらぼうに良いし、何と言っても自分でピアノ弾きながら歌うのはなかなかカッコよい。いつもロック系の活動の多い僕だが、本当はロックだけじゃ無いし、ポップスも大好きなんである。ああ〜、また何かポップス系の仕事したいなあ〜などと思いながら、僕は直撃しなかった台風の余韻の残る空を見上げていた。「あ!? ほうき星」なんつって〜。 

d0013834_12334321.jpg


スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
おかげさまでランキングあがって来ました! 引き続きよろしくです!
人気blogランキングへ

# by ricken4001s | 2005-07-26 23:08 | 音楽 | Comments(5)