今日はりょうぶんがホームグラウンド、お花茶屋の東邦酒場でライヴをやる日である。連日のあれやこれやのリハでやや疲れぎみの僕だったが、なんとか待ち合わせの場所まで重い身体を引きずってたどりついた。そう、今日は令文さんのローディの小林君が運転してくれるので、自分は運転しなくて良いのだ〜。嬉しい〜!

 連休の初日という事で道が混んでいて多少入り時間に遅れてしまった僕達だが、東邦酒場の酒人さんはそんな僕達をまたもや笑顔で迎えてくれた。そしてここでもりょうぶんは、「サウンドチェック」のはずの時間を使ってしっかりと「リハーサル」である。本当は名古屋で1回ライヴやったのだからちょっとチェックするだけで良いはずなのだが、意外と2人とも(特に僕)気が小さい。なのであれやこれやとリハしていたのだが「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」をリハしていたら「銀色の円盤が〜、空から〜、降りて〜来たのさ〜」と歌うはずのところを僕が「空から〜、落ちて〜来たのさ〜」と歌ってしまい、それがあまりにもオカシくてリハは終了とあいなった。

 その後本日カホーンというパーカッションの1種でゲスト参加してくれる淳平さん(板倉淳さん)も交えてチョイト一杯引っ掛けてから本番である。今夜も1曲目は「レイブン・アイズ」。なかなかの難曲2号なのにアンプの音質が気になったりして集中出来なくて少し大変であった。そして念願かなってのピアニカじか吹きの「Tuesday Afternoon」、シューマッハーズの曲のセルフカヴァー曲も披露できたし、2部ではBRJのセルフ・カヴァー「Sooner Or Later」(淳平さんは当時のドラム・フィルをカホーンで完璧に再現していた! )をRRJでやれたのも楽しかった。また今回は令文さんが歌う曲が増えたのが嬉しい。いかりけんたろう君の曲「虹色の通り雨」や、令文グループでやっていた「おやすみ」、そしてなんと行っても評判が良かったのが、オリジナルに近いややバラード調な感じでやったシン・リジーのカヴァー「Don`t Believe A word」。また名古屋でもやったのだが、やはり令文グループ時代の「Call On Me」をやったり、リクエストにお答えして「Lay Down Star Down」をなんちゃってブルース・ヴァージョンでやったりしたのも悪ノリしている感じで良かったなあ。そして最後の最後はアンコールにお答えして再度「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」をやったのだが、ちゃんと本番は「降りて来たのさ〜」と歌う事が出来、ライヴは終了とあいなった。

 今回2回目を終えて色々と来ていたお客さんやら酒人さん達とも話したのだが、前回よりもだいぶ完成度が上がったようだ。自分たちとしても前回に比べればかなり人様にお聞かせするレベルに近づいているような気がする(笑)。フットワークの軽さが武器のアコースティック・ユニット、多少のギャラと交通費さえ持っていただければ、会社の慰安会でもなんでも出演しますよ(なんてまた営業魂出したりして)。とにかく今回も、暖かく迎えてくれた東邦酒場、そしてそこに集まってくれたお客様に大感謝である。喧嘩しない限りまたやろうと思っているので今回見逃した人は是非次回遊びに来て下さいね。よろしく !

遂にDANDELION イベントキャップが買えるようになりました! 
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです! スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
ランキングアップにご協力下さい。みなさんのクリックでランキングがアップします。よろしくです!
人気blogランキングへ
# by ricken4001s | 2005-09-17 23:04 | 音楽 | Comments(2)

 今日の昼間はまだ発表できないとあるシンガーのサポート用に曲を練習。80年代に世に出た人なので曲が意外と凝っている。何故か1小節多かったりとか、突然転調したりとか、一聴するとシンプルなのになかなか一筋縄では行かない。とりあえず全部で8曲やるうちの2曲だけをなんとかマスターする事ができたが、残りの曲一体いつやろう!? 時間足りるかしら〜とちょっと不安にもなった。

 そして夜はシューマッハーズの練習。昨日ドンカマでみっちり練習したのでさぞかしカッチリするだろうと思ってのぞんだのに干支一回り近くも年下のメンバーから「なんか今日竜さん遅くない!? 」みたいなご指摘。ここは嘘付いてもしょうがないので昨日こんな練習をしたこと、恐らくもう僕が突っ込んで入る場所などみんながそれに馴れてしまっていることなど伝え、ジャストと今までの癖の丁度中間の良いところを探してみる。しかしリズムもさることながら、もっと重要なのは歌詞を覚えることである。今日も何箇所かつまってしまったし、新曲も今日になってキーを変えたりしたしなあ…。頑張らなくちゃ!

 とまあ不安要素もあるシューマッハーズだが、全体的にはやはり回を重ねるごとにまとまって来ているようだ。19日は連休の最終日、次の日から仕事だと思うと腰も重くなるかもしれないが、是非三軒茶屋グレープフルーツムーンに遊びに来て欲しいなあ。僕達の出番は9時過ぎぐらいで、ちなみに来られない遠方の方はインターネット上のLIVE cheers!というページでライヴが生中継されるので、是非見て下さいね! ではでは!

遂にDANDELION イベントキャップが買えるようになりました! 
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです! スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
ランキングアップにご協力下さい。みなさんのクリックでランキングがアップします。よろしくです!
人気blogランキングへ
# by ricken4001s | 2005-09-16 23:55 | 音楽 | Comments(2)

リズムは深い!

 今日は昼間ちょっと仕事があって夕方帰って来たのだが、さすがに昨日のレコーディングの疲れがドッと出てしまったようでバタン、キューで1時間程寝てしまった。その後むっくりと起き上がり夕飯、そして思い直したようにシューマッハーズの曲の練習を始めた。

 今回のシューマッハーズも当然のように新曲がある。という事は歌詞を覚えなくてはいけないのでその曲を中心に練習したのだが、昨日ちょっとレコーディングの時に話題になったタイムの事が気になり、ちゃんとドンカマを鳴らして練習してみた。

 昨日話題になったのは、レコーディングにおけるドンカマとのつきあい方。僕は実はレコ−ディングの時には、あまりドンカマ(リズムのガイド)を聞かずにドラマ−を聞いてやっている。このやり方に対しては身内の間でも賛否両論別れるところだが、僕としては特にあまりやり馴れていない曲で大きい音でカマが鳴っていると、どうしても他の楽器が何か大きくしたり小さくしたり景色を変えたがっていたりする時に気がつきにくくなるのが嫌でこうしている。だがそうするとやはりリズムはあまくなりがち。そこは永遠のテーマだったりもするのだが、シューマッハーズの曲はもうだいたいどこを誰がどうしたがっているかは把握しているのでそろそろきちんとドンカマで本当のジャストの位置を確認しても良い頃だろう。そう思って僕はドンカマを鳴らして練習を始めた。

 ガ〜ン、するとどうだろう、いつも「う〜ん、みんなモタっているなあ」などと勝手に感じていたところは実は僕がツッ込んでいたりと、意外と僕のリズムも頼りない。特に僕は歌いながら弾くとタイムが早くなりがちなのでそのあたりを重点的に練習した。その後疲れたので何気なくテレビで潜水艦の映画を見ていたら不安げな新米艦長に向かってベテランのチーフが「艦長は艦員にとって何でも知っていて恐れられる存在で無くてはいけないのです。今後一切わからないなどと弱気な発言をしないで下さい! 」と発言する場面があった。

 年齢的にも、経験的にもシューマッハーズという潜水艦の艦長は間違いなく僕である。その僕がちゃんとしたリズムでみんなを牽引出来なくちゃあだめだあ〜としばし落ち込み、そしてその後僕はやる気を取り戻し、ソナーのような電子音を放つ無機質なドンカマの海へと沈んで行ったのである…。

遂にDANDELION イベントキャップが買えるようになりました! 
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです! スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
ランキングアップにご協力下さい。みなさんのクリックでランキングがアップします。よろしくです!
人気blogランキングへ
# by ricken4001s | 2005-09-15 23:29 | 音楽 | Comments(2)

レコーディング

 昨日のヌーヴォの打ち合わせ〜飲み会(いや、ミーティング)の余韻でだるーい身体にムチ打って、僕は都内某スタジオに向かっていた。そう、今日は東野のレコーディング2日目。実はこのレコーディング、けっこう僕と強一さんのスケジュールがあわなくてこの前も僕がリハ前のけつかっちん(何時までかに別の現場に移動しなければならないという制約がある事をこう言う)。次回もやはり僕が別のリハでけつかっちんなので、ちゃんと落ち着いてゆっくりレコーディング出来るのは今日ぐらいしか無い。なので「今日はたくさん録るぞ〜! 」と息巻いていたのだが、のっけからコンピューターがトラブッたりしてなかなか録音に取りかかれない。なので僕はブースで1人ベースの音をチェックしているふりをしながらシューマッハーズの練習。あ〜、こんなに空き時間があるなら覚えていない歌詞を持って来て覚えればよかった〜とか思っても、それは後の祭りである。

 ところでレコーディングというのは、自分がアレンジャーやプロデューサーでも無い限り、けっこう空き時間がある。僕なんか個人事業主なので確定申告の時期には膨大な数の領収書を計算しなければならないわけだが、スタジオに持ち込んでそれを済ましてしまった事もあった。ブースでベースを抱えながら「あの領収書数えたレコーディングの時スタジオ寒かったなあ」などと思い出に浸っていると、いよいよデータも準備完了。譜面もバッチリ出来上がり1曲目のレコーディングが始まった。まず1曲目は5弦でドシ〜ンとやってみる…。

 とまあこんな感じで今日は3曲をレコーディング。さすがに深夜0時をまわっての終了は身体にこたえたが、心地よい疲労感である。これは人づてに聞いたのだが、以前は多くのレコーディングに参加していたとある知り合いのベテラン・ミュージシャンで「きっとギャラが高いに違いない」という理由で最近あまりレコーディングに呼ばれなくなってしまった人というのもいるらしい。若いときには若いときの、そしてベテランになればそれなりの問題が同じように出てくるというのもなかなかおもしろい。かく言う僕も今年四十路。「みなさ〜ん、僕はちゃんと納得する状況ならギャラ安くてもやりますよ〜! 」なんて、誰も僕をベテランだなんて思っていないのだからこんなところで営業したりする必要もないのだが(笑)。

d0013834_10492245.jpg

photo by KYOICHI SATO
d0013834_10494281.jpg

変な差し入れ! 不思議な味!

遂にDANDELION イベントキャップが買えるようになりました! 
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです! スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
ランキングアップにご協力下さい。みなさんのクリックでランキングがアップします。よろしくです!
人気blogランキングへ
# by ricken4001s | 2005-09-14 23:21 | 音楽 | Comments(3)

 今日は難波さんの事務所で小さい音でヌーヴォ・イミグラートの練習とミーティングである。そろそろ明かしても良い頃だと思うので明かすと、今回のヌーヴォのライヴのドラマーは下田さんではない。彼は今元セックス・マシンガンズの誰かと、元DOPE HEADSの誰か(ごめんなさい誰か忘れちゃった)と新しいバンドをやっていて、その日は丁度そちらのスケジュールと重なるので出演出来ないのだ。そこで僕がお願いしたのが、元コブラでaikoのサポートなどをやっていた久嶋ヨシロウ君。彼はノヴェラも大好き、そしてドラムも男気あふれる人というわけで今回誘ってみたわけだ。

 僕がちょっとやった事があるだけで、みんなヨシロウ君とは初めてのプレイ。ネタばらしになるので詳しくは書けないが今回のヌーヴォはスペシャル・ヴァージョン、恐らく誰も付いて来てはくれないだろう(それじゃダメじゃん)という感じに仕上がりつつあるのだが、最初なので今日は少し不安な感じで試行錯誤を繰り返した。まあ、とはいえ最後の方ではよしろう君もバンドにとけ込み良い感じでリハを終える事が出来たのだが…。

 終わってなかな清々しい気持ちでご飯を食べに行った僕達。やはりその場でも大須の長命うどんの話が出たのだからおかしい。なんでもよしろう君は来月田村直美のツアーで大須を訪れるのだから、これは行ってくれないと話がはじまらない。そんなバカ話を誓い合いながら、ヌーヴォ・イミグラートの初回リハは終了した。あ〜、いい感じになればいいなあ。って、きっと良い感じになるだろう。

遂にDANDELION イベントキャップが買えるようになりました! 
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです! スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
ランキングアップにご協力下さい。みなさんのクリックでランキングがアップします。よろしくです!
人気blogランキングへ
# by ricken4001s | 2005-09-13 23:27 | 音楽 | Comments(4)

 昨日の日記でちょっと書いたのだが、昨日JOE PERRYに着いた僕達「ちょっとお腹が空いたんで近くにソバ屋さんでもないかなあ? 」と小山君に聞くと「どえりゃあミニ・スカートのおねえちゃんがソバ持ってくる店があるがあ行くか? 」と僕達に聞いて来た。またまたこの人は冗談がキツいね。まさかそんな店があるわきゃあないわあと思いながらついて行くと、そこはショッピング・モールの地下。パチンコ屋の隣にある何の変哲もない食券買って注文するうどん屋に連れて行かれた。だ、だが、た、たしかに店員が全員ノー・スリーブにミニ・スカートである。しかも髪の毛はみんな名古屋巻きだあ〜! もう吹き出しそうでたまらないのをこらえながら座ると、そのお姉ちゃんが「おしぼりどうぞ〜」と腰をかがめて僕達におしぼりを渡す。ひえ〜、こうこうとあかりのついた中、これは完全に夜の店のノリ。各テーブルに腰をかがめて接客する彼女達が気になってしまい僕達もうどんの味などさっぱりわからない。しかしチャージ取られるかと思いきやかかったお金はきしめんの¥360だけ。う〜ん、彼女達普通の時給で働いているのか!? 大いなるナゾである…。

 実は今回、あるメンバーがこの店をえらく気に入ってしまい(笑)。昨日もライヴ後残っていた男性客にこの店のことを熱く語り、それでも飽き足らなかった彼は打ち上げに移動するタクシーの中で運転手さんにまであのうどん屋の事を熱く語っていたのだが、意外とまだ地元の人には浸透していない様子。初老の運転手さんは「そりゃあ良い事聞いた。明日さっそく行ってみるわあ。今日は良いお客さん乗せた」と上機嫌であった。調子に乗った僕達、実は今日の昼ご飯もわざわざ小山君と待ち合わせまでしてそこに行ったのだが、おかしかったのはそれからである。

 関東人の僕からすると名古屋というのは何か楽器やら車やら「日本の物作りの技術が集中している土地」という印象があるのだが、令文さんがモニターになっている某楽器メーカーの本社(実は僕も以前晴子さんのサポートをやっていた頃に1本そこからベースを頂いたのだが、頂いた直後にそのベースが絶版になってしまい、もらうだけもらっておいて何もその楽器メーカーの利益になる事をできなかったので少しだけ引け目も感じるのだが)もここ名古屋にある。小山君はもともと楽器畑の人だったので、そのメーカーの知っている人を訪ねてちょっと遊びに行ってみようという事になった。車に乗る事約10分。到着したその楽器メーカーの本社は、あの**や**を扱っているとは思えない実に庶民的で歴史のありそうな(失礼! )ビルである。会議室に通された僕達だが、会議室も合板の壁でまるでハワイ空港みたいに70年代の香りがプンプンする。小山君の知り合いのR氏は、普通のオジ様なのだが、とにかくよく喋る。しかも話が面白い。しばらくは昨日のライヴがどうだったとかこうだったとか話していたのだが、話も盛り上がってきて3人はタバコも吸いたいという事で喫茶店に移動する事になった。

 全館禁煙な会社から逃れ、R氏の舌はますます調子を上げて行き、話はタカミネの(ブランド名明かしてしまってゴメンナサイ。しかし昨日も良い音してましたよ! )新しい工場の話から、岐阜県の山奥にある日本のピックのほぼ100パーセントを作っている**工業の話にまで及んだ。なんでもシャケさんも愛用しているサムピック(親指に巻き付ける形になっているピック。金属のものとプラスチックのものがある)をプラスチックで奇麗にまげる技術が、その**工業の先代の社長さんしか出来なかったという事で日本中のピックの発注がそこに集中してしまったそうだが、最近B.C.RICHから出ている滑り止めの粉が付いているピックもそこの製品。しかもプラスチックにその滑り止めの粉を吹き付け、使ってもそれがはがれてこないという技術はたまたまその近所にある町工場だけが持っている技術だったんだとか。40歳にもなってハンダ付けひとつまともに出来ない僕はただただ関心するばかり。名古屋、いや中部地方の奥深さを肌で感じながら、僕達は名古屋を後にした。そうだ、今度名古屋に来たときはRさんをあのうどん屋に招待しよう。って、もう明日ぐらいには行ってるかな(笑)。

d0013834_11315192.jpg

携帯写真で画質悪くてすいません。このうどん屋のチラシです。まさにミクスチャー文化だぎゃあ!

遂にDANDELION イベントキャップが買えるようになりました! 
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです! スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
ランキングアップにご協力下さい。みなさんのクリックでランキングがアップします。よろしくです!
人気blogランキングへ
# by ricken4001s | 2005-09-12 23:21 | 音楽 | Comments(5)

 フォーク同好会も調子に乗って遂に名古屋くんだりまで来てしまった。なんとりょうぶん(名前を付けたのはJOE PERRYのマスターでコヤマ君である)が名古屋は大須JOE PERRYでライヴを行ったのだ。JOE PERRYと言えば先日スージーがアコースティック・ライヴを行った場所。一体どんなお客さんが来てくれるのか、とても楽しみである。

 昨日も夜遅くまで色々と準備していたのに早起きしなければならない。しかも朝うちの近くの駅で待ち合わせてからず〜っと名古屋まで僕が運転、そう、令文さんは免許持っていないのだ。なので途中休み休みゆっくり行ったのだが、どこも混んでいなかったおかげで意外と早く会場に着く事が出来た。その後マスターと3人でとあるうどん屋に行き、それが凄くおかしかったのだが、このネタは明日の日記で書く事にしたい。

 殆どリハーサル・スタジオ状態でみっちりリハをした僕達(バンド始めた頃、よく地元のライヴハウスの店長に「リハーサルで練習するな! 」と怒られたが、今日の僕達はまるっきりそんな感じであった)、しばし休憩していよいよ本番。まだ17日の東京公演(なんて大げさなものでもないが)もあるので曲目などは書けないが前半はけっこう緊張したなあ。お客さんはけっこう来てくれていたのだがみんなけっこう静か。正直「そんなに真剣に聴かないで〜」という感じであった。しかしハーフタイムになって数人のお客さんと喋ってみるとけっこうみんな楽しんでくれている様子。自信をもったセカンド・ステ−ジはけっこうリラックスして出来たし、みんなも楽しんでくれているようであった。

 ライヴが終わると、今度は物販! 僕達みたいなフォーク同好会が物販スタッフを連れて行けるはずもなく、当然僕が直接物販である。書道家の高橋花香さんとのコラボで新しく作った令文、龍(書としてバランスが悪いそうで竜にはならなかった)t-shirtsも売れたし、なんとかツアー経費はまかなえた感じだ(なんて台所事情書いてどうする!? )。あ〜、しかしそれにしてもライヴ面白かったなあ。お客さんの顔色見て「やっぱりあの曲やろう」とか「この曲やめよう」とか本番中に決めたりして、意外とアコースティック・デュオって自由なんで良い。また名古屋、是非行きたいので今回逃した人は是非次回!

d0013834_11241650.jpg

俺だけメタル
d0013834_11233273.jpg

令文さんだけメタル
d0013834_11244528.jpg

小山君だけメタル(本当はフォーク同好会なのに…)
ちなみに小山君のブログにもこの日の事が載ってますよ!

遂にDANDELION イベントキャップが買えるようになりました! 
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです! スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
ランキングアップにご協力お願いします。みなさんのクリックでランキングがアップします。よろしくです!
人気blogランキングへ
# by ricken4001s | 2005-09-11 23:59 | 音楽 | Comments(17)

明日名古屋JOE PERRYなので

 今日はちょっと手抜きにします。物販のt-shirts(なんと今回は書道家高橋花香さんによる「令文、龍」の漢字シャツです! も届いたし(もちろんイベントキャップも持って行きますよ! )、個人練習もバッチリやったし、明日は絶対楽しいと思います。まだ行くか考えている人は絶対来てくださいね。間違いなく「愛、地球博」より面白いです(ってそっちに行っていないけど)。

 今年スージ−結成12年というのにも驚きましたが、僕と令文さんの付き合いももう12年ぐらいになるんですね。歌えるベーシストを探していた文明さんに僕を推薦したのは令文さんなのでスージーよりも歴史は古い事になります。あ〜でも明日台風とかじゃなくて良かった。みなさんに会えるのを楽しみにしていますよ。ではではおやすみなさい!

遂にDANDELION イベントキャップが買えるようになりました! 
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです! スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
しまった! 意外とランキング落ちています。よろしくです!
人気blogランキングへ
# by ricken4001s | 2005-09-10 23:01 | 音楽 | Comments(7)

竜文仕上げ!(のはず)

 今日は昼間学校に教えに行った後、竜文のリハ。金曜日の僕の授業はナイキの宣伝ではないが「JUST DO IT! 」。とにかく四の五の言わずに発声をみんなで最低音から最高音までみっちり1時間半というのを1日で4クラスぶんまるまるやる、というスパルタ・クラスなので教える方もヘトヘトになる。しかし長い教師生活でわかったのだがヴォーカルを志す人はとにかく悩んだりしている暇があったらそのぶん声を出した方が良い。声が鍛えられて太く、疲れにくい声になって初めて音程やらリズムなどの技術面や、感情やオリジナリティをどのように入れるかという問題に向き合う事が出来るというのが僕の持論であり、正直そういったところは先生と一緒にではなく孤独に一人で頑張って欲しいというのが本音だったりもする。それに今となっては僕自身も歌のお仕事なんか全然無くて主に歌っているのはシューマッハーズのアホな歌詞だったりするので、自分自身の声質を保つためにもいつも一緒にやらせてもらっている。しかしよりにもよってそんなハードな一日の後に今日は竜文のリハがあったのだ。

 約束の8時にスタジオに到着した僕だが、なんとスタジオは7時から押さえてあった。しかし令文さんに送ったメールを見ると「スタジオは8時からとりました」とある。う〜ん、どうやら昨日スタジオを押さえて家に帰って来た時点からもう勘違いが始まっていたようだ。ほどなく令文さんも到着。時間間違えたのはまあしょうがないとして今日はこの前あたれなかった新曲をはじからやってみる。しかし、本当今回は新曲多いですよ〜。恐らく前回のお花茶屋に来た人達もきっと充分楽しめるんじゃないかなあと思う。嬉しいのはけっこう令文さんが歌う曲が増えたこと。僕はギタリストが弾くベースと同じぐらいギタリストが歌う歌もけっこう好きなのだが、エリック**みたいにいつの間にか「昔からヴォーカリストだよ〜」みたいに変に玄人の域に入っているのは気に入らない。だがちゃんと令文さんの歌には「ギターの奴が歌わしてもらってスマンの〜」みたいな申し訳なさげな所(本人にそんな事言った事無いのだが)があって好きなのだ。そして新曲を一通りあたった僕達は前回やった曲で今回もやりそうな曲を何曲かあたって、リハは終了とあいなった。

 前回スージーの名古屋アンプラグドの時は持って行けなかったのだが、今回は僕達の使っているタカミネ専用のアンプも持って行く。まだまだ明日僕がどのぐらい個人練習出来るかにもよるのだが、今回はなかなか楽しいライヴになりそうな事は間違いない。ジョー・ペリーはまだなんとか入れると思うので、今からでも行こうか迷っている人達は是非遊びに来て頂きたいなあ。では名古屋で会いましょう! モリゾウ、キッコロ、待ってろ!

遂にDANDELION イベントキャップが買えるようになりました! 
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです! スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
しまった! 意外とランキング落ちています。よろしくです!
人気blogランキングへ
# by ricken4001s | 2005-09-09 23:03 | 音楽 | Comments(3)

 今日はお馴染みA君のレコーディング(書いて良いのかしら? )。言わずとしれてドラムは強一さん、エンジニアは会長という馴れた布陣だったのだが、ひとつ大きく違う事があった。なんと今回の新曲で僕は、生まれて初めてスラップ(チョッパー!? )のレコーディングに挑戦したのだ。実は昨日の夜中本人からデモがコンピューターに届いたのだが、聴く時間がなく今朝になって聴いてみると、妙にファンキーな曲。音源でスラップ・ベースがンペンペ入っている。「ふ〜ん」とか思いながらCDに焼き、行きの車の中で聴こうと思ったのだが、何故か相性が悪くて掛からない。「あ〜、こりゃ現場で聴かせてもらうか〜」と思いながらスタジオに到着。改めてデモを聴かせてもらうと本人が「いや、竜さん、別にスラップやってくれと行っているわけじゃなくて、このペッていうニュアンスが出れば良いんですよ〜」とか言う。5年前の僕なら「うん、じゃあそういう感じで指でやってみるよ」と言ったところなのだが、なんだかやらなくて良いと言われると逆に意地になってやりたくなって来る。なので会長にはスラップを実際にやってもらう事も視野に入れて音決めしてもらった。

 実は今だから言えるシリーズで、僕は特撮の「水天宮と多摩センター」をライヴでやった時に(この曲のレコーディングは僕ではなく、現セックス・マシンガンズの村井君がやった)「スラップがひどすぎる」と2ちゃんねるに書かれてしまったという実績がある。そのときは2ちゃんねるらしくもなく「日記を読んだら特訓しているようなので暖かく見守りましょう」という愛情あふれる書き込みが入りそのまま丸くおさまったのだが、その後どうにも悔しくて僕は事あるごとにスラップ(というか僕の中ではチョッパー)を練習していた。しかも最近はにわかマーカス・ミラー・ファンになったばかり。「その成果を発揮するのははっきり言って今しかない!  」 と、そう思った僕は他人の目を顧みずンペンペはじめてみた。いや〜、しかしでも僕のスラップは影響を受けているのはラリー・グラハムとかルイス・ジョンソンとか古い人ばかりなのでフレーズは古い。本当なんかカビ臭〜いニオイがしてきそうである。しかしストラップが長いので叩き方は親指が下を向くレッチリのフリーのスタイルなので、サムピング(親指でブッ叩く)は弱くプルの強いという最近のスラップのスタイルなのにフレーズは限りなく70年代風という自分で言うのもなんだが本当独自の聴いた事ないスタイルである。そしてどうしても指弾きに対してスラップは低音が減ってしまうのでスラップの時には低音を強調したサンズ・アンプをオン、指弾きになったらオフというのをリアルタイムで切り替えた。

 ところで僕はエフェクターのオンオフでパートに分けてベースを録るというのは結構嫌いだ。特撮の「僕らのロマン飛行」のシンベからエレベに変わるのもライヴと同じように一気に録音したし、今日も「たかだかエフェクターのオンオフぐらいでパートわけてたまるか〜」と一気に録音したのだが、さすがに初めてのスラップ、へべれけになってしまったところも多くて5箇所以上もなおしてしまった。

 でもまあ、スライ・アンド・ファミリー・ストーンかP−ファンク・オールスターズみたいに野太く録れて大満足の僕、次はライヴでもやった事のある曲という訳で、しっかりワン・テイク(実際には音質の問題で2テイクぐらいは録ったが)、直しなしでしっかり録音する事が出来た。 そして僕のパート完成を確認するといそいそと機材を片付ける僕。そう、貧乏(?)ミュージシャンに暇なし。この後はシューマッハーズのリハがあるんである。

 そのまま車を飛ばしてリハスタに駆けつけた僕。今日はみんなの新曲をやる日という事で色々とやってみたのだが、どれも良い出来! 笑える物からホロッと来る物など、様々な世界を皆さんにご提供できそうだ。ではみなさん、本当にライヴで楽しんでもらいたい曲ばかりなので、19日には絶対遊びに来て下さいね〜。ではでは!

d0013834_11255351.jpg

このエンジニア酒強し。画面の中は男気ドラマー
d0013834_1126831.jpg

某スタッフの方、差し入れありがとうございました。美味しかった〜!

遂にDANDELION イベントキャップが買えるようになりました! 
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです! スージーのVOL.3(New Album)はこちらから買えます。そしてツチノコ・Tシャツ、ステッカー、さらにはツチノコ・ピックも買えるようになりました!
DANDELION NET SHOPへ!
ランキングアップにご協力下さい。みなさんのクリックでランキングがアップします。よろしくです!
人気blogランキングへ
# by ricken4001s | 2005-09-08 23:48 | 音楽 | Comments(8)