レコード・コピー(replicate songs)

 本日も体験入学に呼んで頂いたのだが、午後の参加者の1人に「レコード・コピーのやり方を教えて欲しい」と言われたので、その場でBACK NUMBERの「**」と言う曲(題名忘れました)をはじめて聴いて、実際にそのサビをコピーしてみた。

 1.まずは長さを把握する。1234と数えながら小節線だけを書いて行く。出来れば1段4小節(紙を縦に使う場合)か8小節(紙を横に使う場合)にして、3小節で終わったりするところは1小節斜線で潰す(半端な小節数なのが一目瞭然)。ちなみにこの曲のサビは素直に16小節(8小節のパターンが2回で、最後だけちょっと違う)でした。

 2.ベースが最初にベーンと鳴らした音を口で言いながらどの音なのかベースで探す(確率はたったの12分の1。ドかレbかレかミbかミかファかファ#かソかラbかラかシbかシのどれかです)。ちなみにこの曲では音程はレで、明るい雰囲気だったのでとりあえず1小節目にDと書いておく。もちろんコードが変わった瞬間のベースの音がルートでは無い場合もあるが、確率はかなり低い。

 3.コードが変わったなと思ったところも2の作業を繰り返す。ちなみにこの曲では2小節目もベースはレのまま。でもコードが変わった感じがするので、分数コードなのかな、ぐらいの感じで?/D(?onDでもOK)と書いておく。

 4.3小節目で音程が少し降りたので、D(レ)より少し下を探してみる。ここではC#(ド#)で、悲しい雰囲気だったのでC#mと書いておく。ちなみに4拍目だけ音もコードも雰囲気が違うので探すと、ファ(厳密に言うとミ#)であった。コードは殆ど一緒なのに少しだけ雰囲気が違うのでC#7/E#(Fと書く人もいるでしょうが、FだとCから見て4度になってしまうので、厳密にはこうなるはず)と書いておく。

 5.次はそのミ#よりちょっとだけ上がった音だったので探すとファ#(F#)。悲しい雰囲気だったのでF#mと書いておく。
 
 6.ダイアトニック・コードの知識がある人なら、もうこの辺でこの曲のキーはAメジャー(もしくはF#マイナー)とわかるはず。そうなると#が付くのはファとドとソだけなので、2つ目の分数コードはコードだけがD(IVの和音)からE(Vの和音)に上がっていて、ベースだけがDにステイする。じゃあE/Dじゃないの、と予想がつく。

 7.ダイアトニック・コードの知識が無くても、1の作業を根性で繰り返せば、どんな曲でもコピー出来るはず(チューニングが12音階を超越した曲は別として)。

 8.コードが7thなのかとか、細かいフレーズとか、細かい事は後からでOK。取り敢えず1〜7の作業で大枠は分かるので、なんとなく弾ける。

 と言うのをみんなでやってみた。みなさん、意外と簡単なのでネットのコードに頼り過ぎず(答え合わせみたいに使っても良いだろうと思います)、是非やってみて下さ〜い!!!
d0013834_06510255.jpg
*お昼はお弁当。(Had bento for lunch. )
d0013834_06523478.jpg
*夕飯(Tonight's dinner. )

DANDELION RECORDS OFFICIAL HOME PAGE通販グッズ取扱中!!!(リニューアルしました。SUZY CREAM CHEESEギター禁止復刻版Tシャツもここで買えます。)

DANDELIONスクールのお問い合わせメールボイトレ、作曲/アレンジ、ベース、デモ作成等、音楽のお悩み相談、レッスンのお問い合わせはこちらからどうぞ!!!
「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! ("BASS MAGAZINE, BASIC TRAINING 365 DAYS FOR A BASSIST!" is on sale now!! )

「究極のベース・トレーニング・バイブル」発売中!! (The Ultimate Bass Training Bible is on sale now.)



by ricken4001s | 2017-06-18 23:19 | 音楽 | Comments(2)

Commented at 2017-07-01 22:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-07-01 23:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。