ギターやベースの手入れ、ある方法。(A way to treat the guitars or the basses right. )

 正直本日は書く事も無いので、先日やや反響のあった(本当は某先輩ベーシストがFACEBOOKで拾ってくれただけなのだが)「ギターやベースを手入れする、ある方法」をご紹介しようと思う。

 とは言えこのやり方、自分で考えたのでは無くて、あるミュージシャン(ギタリスト)に教わったもの。彼は度量の大きな人なので「それは僕の秘伝なので公開しないで下さい」などとは決して言わないはず。そして「それを公開する事で世の中のギタリストやベーシストのトラブルが一つでも減ればウレシイ」と思っているはずだと僕は信じているので、本人に承諾も頂いていないのだが、その方法をご紹介しようと思う。

 この方法、やり方は大きくわけてたったの2つだけ。要するにオス(入れる方)とメス(入れられる方)の両方を綺麗にしましょう、と言う事である(ここで何か夜の営み的な事を想像して下さっても、下さらなくてもオッケーです)。

 まず、オスの方のジャックなのだが、100円ショップで売っているシルヴァー磨き(クロムハーツとか、もしくはもっと全然安い銀のアクセサリーを磨く布)で、とにかく気付いた時にゴシゴシ磨く、と言うもの。勿論「僕や私のジャックに100円ショップのシルヴァー磨きじゃ役不足」と思われる方は、もっと高価なシルヴァー磨きをアクセサリー屋さん等で買って来て頂いてもオッケー。まあ、僕は100円ショップのしか使った事しか無いですが…。

 そしてメスの方のギターやベースのインプットの中。更にはアンプのインプット、センド・リターン、エフェクターのインとアウト、ありとあらゆるメスの部分には「綿棒に赤ちゃん用のアルコール(薬屋さんで1000円以下で売っています)を付けて、ゴシゴシと汚れを取る」と言うもの。勿論「接点復活材の使用」を否定するつもりはさらさら無いのだが、汚れている状態に接点復活材を付けるって、ジョギングなどをして余分な体脂肪を取る前にいきなり筋トレしてしまい、贅肉の上に変な風に筋肉が付くような、そんな事を僕はイメージしている。

 そして恐らくポイントは「綿棒でちゃんと中をグリグリ掃除する」と言う所で、そここそが重要であるのだと思う。ちなみに僕が最初にこの方法を教えてもらい、マーシャル・アンプ・ヘッドのスピーカー・アウトの中を掃除した直後の綿棒は、とても人様にお見せ出来る状態ではなかった。本当に汚い例えで申し訳ないのだが、何年も耳かきをサボっていた人が久しぶりに耳かきをした後の…、い、いや、これぐらいで伝わりますね…。

 ちなみに接点復活材と違って、アルコールは拭いた後に気化して飛んでくれるので、そこに新たな埃が付着すると言う可能性は格段に減るらしい。なのだが、 こうしたメンテナンス方法は本当に人によって信じているやり方が違っていて、事実数年前に海外の某イベントのPAブースでシーケンサーのポン出しの仕事をした時(←おいおい竜ちゃん、ベースを弾きましょうよ)に隣にいた、現地の某一流エンジニアさんは、まるで社交界にデビューしたての女性が自分にシャネルNo5をやたらと吹きかけるかのように(そんな所を実際に見た事はございませんが)、接点復活材をどのジャックにももれなくブシューっと掛けていたっけなあ、なんて遠い目になったりもする。

 というわけで、今日ご紹介した方法を「これがベスト」とは勿論断言出来ない。だが少なくとも僕はこれをやりだしてからトラブルが格段に減ったので、だまされたと思って「こんな方法もあるのか」と一度試してみて欲しい。そして、世の中から少しでも「バリバリ」とか「ブズー」とか言うノイズのトラブルが減ると嬉しいなあ、なんて思うんである…。
d0013834_1411726.jpg

*こちらは本日の夕飯。(This is the dinner tonight. )



DANDELION RECORDS OFFICIAL HOME PAGE通販グッズ取扱中!!!(リニューアルしました。SUZY CREAM CHEESEギター禁止復刻版Tシャツもここで買えます。)

『リズム/ハーモニー/メロディから解き明かすベース・ラインの手法』発売中!! (My new method for making the bass lines is to be out on Sept. 20th!! )

「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! ("BASS MAGAZINE, BASIC TRAINING 365 DAYS FOR A BASSIST!" is on sale now!! )




 
Commented at 2015-07-19 23:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-19 23:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by ricken4001s | 2015-06-04 23:54 | 音楽 | Comments(2)

SUZY CREAM CHEESE、特撮、NUOVO IMMIGRATO、竜文、CMナレーション、「渡り廊下走り隊」などへの楽曲提供など幅広く活動するベーシスト/ミュージシャン髙橋竜奮闘記。


by ricken4001s
プロフィールを見る
画像一覧