声のお仕事、その2(Recorded my narration part II. )

 なんと本日は午前中からの入り時間で、声のお仕事に行って来た。最初頑張って録音、その後、数時間の空き時間を経て、クライアントさんにチェックしてもらって直しが無ければおしまい、と言うスケジュール。

 と言うわけで朝からスタジオに入ったのだが、最初スタッフのSさんから「竜さん、ギリギリになってしまいそうです」なんて言うメールを頂いたのでゆっくり歩いていたら「今どこですか? ロビーに着きましたが」と言う電話を逆に頂いた時、まだ僕は最後の信号、と言う逆転劇もあったりした(すいません、ゆっくり歩き過ぎました)。

 その後作業に入ったのだが、量は多かった物の、少しずつやらせて頂いたおかげで着実に終わり、昼前には作業は終了となった。

 この後は膨大な待ち時間があるのだが、Sさんが珍しく(と言うか午前中からと言う事自体が珍しいので)ランチに誘って下さったので、美味しいイタリアンを頂きつつ、色々とナレーションのこぼれ話を教えて頂いたりして楽しかった。ちなみに以前にも書いたかもしれないのだが、Sさんは以前、ストリングス・チームのマネージャーをやっていた事もあるので、こちら方面の話も明るかったりする。と言うわけで、今日も「ビオラの人でストリングス・アレンジをする人って何で少ないのだろう」と言う話題が出た。この話は結局「確かにベーシストでアレンジャーの人って多いのに不思議と言えば不思議だが、ベーシストはストリングスで言うとチェリストなのかな」なんて言う結論にぼんやりと着地したのだが、確かに後から考えると、ビオラって、リズム・ギターに近いのかもしれない。カーク・ハメットとかブラッド・ウィットフォードとかが曲のアレンジをした、と言う話は確かにあまり聞かない気もする…。

 とまあ、そんなこんなでSさんと別れたのが午後1時ぐらい。その後僕は寒空の下、元実家のお寺、そしてお墓に行き、おみくじを引いたりして(小吉であった)けっこうな時間をつぶしたはずが、まだ3時前。その後はカフェで本を読んだりして、いよいよ約束の16時が近づいて来た。
 
 というわけで10分ほど前にスタジオ入り。ロビーにあった雑誌を読んでいたら、ほどなくスタッフのかたがやってきて「お待たせしました、オッケーです!! 」との事。と言うわけで僕の長いナレーションの1日は終了した。いや〜、お疲れさまでした。こうして音楽とは関係ない事も仕事としてやらせて頂けるなんて、本当にラッキー、感謝です。またこれが何だったのか書いて良い段階になったら、書きますね〜。お疲れさまでした〜。
d0013834_01133278.jpg
*昼間このスタジオに来た記憶、あまり無いんである。(I don't think I've ever come here in the day time. )
d0013834_01144330.jpg
*ランチのスパゲッティ、マイウーでした。 (Loved the spaghetti I had for lunch. )
d0013834_01152856.jpg
*大日如来像にまた会ってきました。(Saw the Dainichi-Nyorai statue again. )

Mr. TURTLE/Nuovo Immigrato配信中!!!

DANDELION RECORDS OFFICIAL HOME PAGE通販グッズ取扱中!!!

『リズム/ハーモニー/メロディから解き明かすベース・ラインの手法』発売中!! (My new method for making the bass lines is to be out on Sept. 20th!! )

「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! ("BASS MAGAZINE, BASIC TRAINING 365 DAYS FOR A BASSIST!" is on sale now!! )





by ricken4001s | 2014-12-17 23:59 | 音楽 | Comments(1)

Commented at 2014-12-26 23:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。