晴子さんライヴ、横浜ストーヴス。(Played at Stoves Yokohama as the bassist of Miss. Halko Kuwana. )

 ストーヴスはかつてどんとさんがご健在だった頃にも、晴子さんと一緒に出演した事のある懐かしい小屋だ。当時は僕の地元の友達も働いていたりして、ますます地元感を感じた物だが、それは無くなっても、やはり横浜でライヴをやると言うのは自分にとってはとても感慨深い。

 最初の予定では原田喧太君は出演しない事になっていたが、急遽参戦してくれる事になり、あけてみるとやっぱりソロもとってくれるし、歌も良い感じに歌ってくれるしで、随分と心強かった。パーカッションのアンサンと彼が初対面だと言うのは知らなかったが、さすがどこにでも溶け込むアンサン、すぐに我々がやりやすいグルーヴを作ってくれ、実に平和な空気の流れるライヴになった。

 僕はアップライトとエレキを使い分けよう、なんて思ってわざわざ車で行ったのだが、結局曲順が本当に決まっていなかった(笑)のと、エレキを弾いている時のアップライト・ベースの置き場所が無かったのとで(笑)、全曲アップライトで通してしまった。まあでも、それで良かったんじゃないかな、なんて思う。

 ありがたい事に、6月19日に、ストーヴスと同じ系列のサムズアップで、またもや晴子さんのライヴに参戦する事が決定した。この日はAnnSun、高木太郎君、原田喧太君に加え、本日のライヴで飛び入りして下さったギターのマサシさんこと細川雅史さんもゲストで出演する。晴子さんの「鳥のように自由な」(スワヒリ語ではこれを「ンデゲオチェロ」と言うらしい)世界を満喫したい皆さん、是非横浜にやって来て下さい〜。ではでは!!!

出演
VOLTA MasTarRs BanD

✳︎619グルーブ✳︎
HALKO KUWANA
AnnSuN
TAKAHASHI RYO
KKENTA HARADA
高木太郎
✳︎guest✳︎
MasaShi Hosokawa

d0013834_11392537.jpg

*開演前。アップライト・ベース、でかい。(Before the show. How big is the upright bass. )
d0013834_113943100.jpg

*雰囲気は終止和やか。(It was so peaceful from the beginning to the end. )
d0013834_11402411.jpg

*たぶん喧太君が「横浜ホンキー・トンク」を歌っているところ。(This pict might have been took during Yokohama Honkey Tonk Blues which Kenta-kun sang. )
d0013834_1140859.jpg

*アンサンとわたし。(Ann-san and me. )
d0013834_11411556.jpg

*晴子さんとわたし。(Halko-san and me. )
d0013834_1141542.jpg

*6月も楽しみ!!! (Looking forward to play with them in June again. )

『リズム/ハーモニー/メロディから解き明かすベース・ラインの手法』発売中!! (My new method for making the bass lines is to be out on Sept. 20th!! )

「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! ("BASS MAGAZINE, BASIC TRAINING 365 DAYS FOR A BASSIST!" is on sale now!! )

DANDELION NET SHOPへ!





 

by ricken4001s | 2014-03-24 23:22 | 音楽 | Comments(2)

Commented at 2014-03-30 14:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-03-30 14:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。