ポール・マッカートニー・アウト・ゼア・ジャパン・ツアー(Paul McCartney Out There Japan Tour)

 勿論11年前の来日公演にも行ったのだが、今回も、行って来ましたよポール・マッカートニー。東京ドームで「音が悪いんじゃないか」という心配もあったのだが、少なくとも僕の席はそんな事は無く、1曲目の「EIGHT DAYS A WEEK」から興奮のるつぼ。途中どうしてもトイレに行きたくなって「エリナー・リグビー」を見られなかった(音は聴いていた)のは残念だったが、けっこう演奏時間もたっぷり、長くやってくれて大満足。

 しかも入り口でサイリウムを配られ、アンコールの「Yesterday」で振って下さいという指示だったのだが、流石団結出来る我々日本人。誰1人フライングする事無く(そういえばフライングって言うビートルズのインスト曲無かったっけ?)、ダブル・アンコールでは美しい光の渦に!!! こちらはご本人には知らされていないサプライズだったそうで、ポールさんご自身もけっこう感動している様子であったなあ…。

 ちなみに御年71歳だそうだが、全曲キーはそのまま、「MAYBE I'M AMAZED」みたいな曲のシャウトもバッチリで、一体何食べているんだろう!? と疑問に思うほどの元気っぷりで凄いな〜と感心してしまった。

 いや〜、ポールありがとう!!! これからも沢山良い音楽を作って、そして我々に届けて下さい。僕も貴方の100億分の1ぐらいの力ですが、自分なりに頑張ろうと思います。う〜ん、それにしても、ヴァイオリン・ベースまた買いたいな〜(笑)!!!
d0013834_11525770.jpg

*開演前。今回ポールはベースを弾く時は全曲ヴァイオリン・ベースを使用。
(B4 the show. Paul played only Violin Bass this time, when he play the bass. )
d0013834_11531432.jpg

*僕の席はこのぐらいの位置。(The seat I saw the show was that far from the stage. )
d0013834_11534575.jpg

*ステージの様子その2。(Paul Maccartney and the band on stage #2)
d0013834_11541395.jpg

*「死ぬのは奴らだ」で火柱が上がっているところ。(The flames on stage during 'Live And Let Die'. )
d0013834_11543750.jpg

*スクリーンに映るポールとドラムのエイブ・ラボリエルJR.
(Paul and the drummer Abe Laboriel Jr. )
d0013834_11544840.jpg

*アンコール2でのサイリュウム。(The glow sticks lightened up the place. )
d0013834_11545935.jpg

*そしてその中でのイエスタデイ。(Yesterday performed in the sea of glow sticks. )
d0013834_115564.jpg

*エンディング。楽しかった〜!! (The end of the show. It was incredible. )

『リズム/ハーモニー/メロディから解き明かすベース・ラインの手法』発売中!! (My new method for making the bass lines is to be out on Sept. 20th!! )

「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! ("BASS MAGAZINE, BASIC TRAINING 365 DAYS FOR A BASSIST!" is on sale now!! )

DANDELION NET SHOPへ!

by ricken4001s | 2013-11-21 23:36 | 音楽 | Comments(3)

Commented at 2013-12-11 11:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-12-13 09:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-01-20 12:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。