バラクーダ(Barracuda)

 夕飯にカマスを焼いて食べただけなのだが、いつもカマスを食べると連想でカナダのバンド「HEART」の事を思い出す。70年代に「バラクーダ」という「女性が歌うレッド・ツェッペリン」という感じで一世を風靡した彼女達だが、僕もリアル・タイムである80年代に、まさかの産業ロック路線で復活し、ヒット曲を何曲も飛ばしたのはビックリした。

 ちなみに「美人姉妹バンド」である事ばかりフィーチュアされる彼らだが、個人的には「バラクーダ」のあのジョン・ボーナムとかカーマイン・アピスみたいなドラム、そして何故かちょっとだけ変拍子が混ざるところが凄くカッコ良いと思っていたが、実際僕のハート熱は「そうは言っても、ドラムの方のお名前すら存知あげません」というぐらいの温度だった、と言うのが正直なところ。

 ところでカマスは足が速くて臭くなりがちなので、スーパーなどで値引きしてあるもの(つまり「古い」という事です)は避けて、なるべく新鮮な物を頂くのをお勧め致したい。ちなみに本日の物は頂き物で、実に美味しかった…。ジャンジャカジャンジャカジャンジャカジャンジャカ、ズジャッ、ジャッ、ジャッ!!!
d0013834_0552531.jpg


『リズム/ハーモニー/メロディから解き明かすベース・ラインの手法』発売中!! (My new method for making the bass lines is to be out on Sept. 20th!! )

「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! ("BASS MAGAZINE, BASIC TRAINING 365 DAYS FOR A BASSIST!" is on sale now!! )

DANDELION NET SHOPへ!
Commented at 2013-10-05 00:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by ricken4001s | 2013-08-26 23:45 | 音楽 | Comments(1)

SUZY CREAM CHEESE、特撮、NUOVO IMMIGRATO、竜文、CMナレーション、「渡り廊下走り隊」などへの楽曲提供など幅広く活動するベーシスト/ミュージシャン髙橋竜奮闘記。


by ricken4001s