ESPERANZA SPALDING

 1日しか来日公演が無いというエスペランサ・スポルディングのライヴを見に行って来た。会場は文化村オーチャード・ホールで、こちらに行ったのも初めて。ここでメタリカとかは辛いだろうが、彼女のようなピアノ〜フォルテまで繊細に聴かせたい音楽を聴くにはピッタリの会場であった。

 ちなみにこのところありがたい事にけっこう忙しかったので、殆ど予習をしないで見に行った感想を勇気を出して書くと『ジョニ・ミッチェルがアルバム「ミンガス」でやっているような事をジャコ・パスの役目も含めて1人でやっちゃっている感じ』であった。勿論もっと違う感想の方も沢山いらっしゃるだろうが、僕にはそんな印象にうつり、そしてあの的確で無駄の無いベース・プレイ、全然無理していないのに、どこまでも拡がる歌声、アフロ・ヘアーでシュッとした出で立ち全てに魅了されて、終止うっとりしてしまった。

 ところで4リズムに加えて、ホーン隊がサックス高中低3人、トロンボーン2人、トランペット2人(うち1人曲によってコーラス)と割と大所帯でいらしたのだが、あの生のブラス・セクションの「ホワ〜ン」というのが来ると、僕はどうしても心地よくて眠くなってしまう。楽しいのに睡魔とも戦うと言う不思議なライヴであったが、とても和やかで楽しかった。落ち着いたらアルバムも聞き込んでみたいな〜、なんて思うんである。
d0013834_11401693.jpg

*終演後プレミアム・モルツを飲みに…。(Drunk Premium Molts beer after the show. )
d0013834_11402328.jpg

*パスタが美味しかったです。(The pasta was good. )

『リズム/ハーモニー/メロディから解き明かすベース・ラインの手法』発売中!! (My new method for making the bass lines is to be out on Sept. 20th!! )

「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! ("BASS MAGAZINE, BASIC TRAINING 365 DAYS FOR A BASSIST!" is on sale now!! )

DANDELION NET SHOPへ!

 

by ricken4001s | 2013-03-19 23:20 | 音楽 | Comments(0)