普通の生活、現実に戻った1日。(Back 2 life, back 2 reality. )

 たとえ2日間でもツアーはツアー。特に今回は大阪が贅沢にも前乗りだった事もあって、なんとなく終わった後の虚無感が大きい感じであった。しかし日常は容赦なく訪れて来るもので、今日は学校に「せんせい」をしに行って来た。

 なんとなく朝起きても、まだ心斎橋のホテルにいる感じで「ここはどこ!? 私は誰!? 」という感じ。だが夜になるとそういう気持ちもすっかり薄れてしまい、料理を作ったりして、身体も心も完璧に日常に戻ってしまった。もしかするとこんな風にわりと「スパッ」と切り替えられるおかげで、今までやって来られたのかもしれない。簡単に切り替えが出来て、更にはどんな乗り物の上でも大体寝られる自分である事にひたすら感謝するんである…。

d0013834_218596.jpg

*こちらはお馴染みの「学食ランチ」。(This is the same old lunch I had in the cafeteria in the school. )
d0013834_2191677.jpg

*何やら花が咲いておりました。 (Found some flower blossom. )
d0013834_2234760.jpg

*夕飯はこちらでした。(This is the dinner I had. )

「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! ("BASS MAGAZINE, BASIC TRAINING 365 DAYS FOR A BASSIST!" is on sale now!! )

DANDELION NET SHOPへ!
Commented at 2012-07-01 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ricken4001s at 2012-07-10 00:21
 いえいえ、いつまでもウジウジする事もありますよ。でもまあ、そういう時はそうしたいんだからすれば良いんですよね。とことん頑張るんだけど、完璧を求めない、結果にはこだわらない、というのも幸せの秘訣の1つなんじゃないかな〜なんておぼろげに思います。
Commented at 2012-07-11 00:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ricken4001s at 2012-07-21 13:22
心も上がったり、下がったりを繰り返して。寄せては返す波のようですよね。まあ、波の無い、完璧にベタ凪な人生なんてつまらないと思うので、必要悪というか、税金みたいなものでしょうか。
by ricken4001s | 2012-06-06 23:02 | 音楽 | Comments(4)

SUZY CREAM CHEESE、特撮、NUOVO IMMIGRATO、竜文、CMナレーション、「渡り廊下走り隊」などへの楽曲提供など幅広く活動するベーシスト/ミュージシャン髙橋竜奮闘記。


by ricken4001s