ダウンチューニング(Down Tuning)

 今日は以前行っていたほうの専門学校に呼んで頂いて、2曲ほどデモ演奏を行った。その中にモトリー・クルーの「Dr. Feelgood」という曲があって、先日ギターの先生から「レギュラー・チューニングでやります!! 」とメールが来ていた。

 2日ほど前から音源を聴いてなんとなく予習してみると、最初の「ダンダダン、ダンダン」というところはD。コードを弾くギターの事など全く考えずに、「なるほど、レギュラーチューニングで4弦だけDのドロップDというわけですね」なんて早とちりしてそれで音を取ってしまっていた。

 なのだが昨日不安になってそのギターの先生に確認のメールを入れると「いやいや、竜先生、そうじゃなくてモトリー・クルーはもともと全弦が1音下げなので、それをそのままごっそり1音上げてレギュラーのチューニングでやりましょう、という意味ですよ」とわざわざお電話までして頂いてしまった。

 なるほど〜、つまり本来Dのキーの曲をEで演奏するというわけか! それにしても今の時代のバンドならわかるけど、あの当時(たぶん20年以上も前)からこんなチューニングを試みていたとは、やっぱりモトリー・クルーって凄いんだな〜とひたすら感心してしまったのである。

 ちなみにその曲をみんなで1音上げてEのキーでやってみたら、なんだか軽い。日本のメタル界を代表するようなみなさん(僕以外)が演奏しても、やっぱりなんだか「カワイイ〜」感じになってしまった(笑)。う〜ん、モトリー・クルーが何故あれを1音下げでやったのかという理由が、身にしみてわかったような気がした…。
d0013834_131553100.jpg

*夕飯は「解凍サンマ」。やっぱり生に比べると、なんだかチューニングが1音上がったような軽さであった。 (The sauteed thawed saury 4 dinner. It tastes not as good as the one sauteed from the raw condition. Felt slightly similar to the song 2 b played in the regular tuning, though the original one is down tuned. )

「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! ("BASS MAGAZINE, BASIC TRAINING 365 DAYS FOR A BASSIST!" is on sale now!! )

DANDELION NET SHOPへ!
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです!
by ricken4001s | 2011-12-25 23:59 | 音楽 | Comments(0)

SUZY CREAM CHEESE、特撮、NUOVO IMMIGRATO、竜文、CMナレーション、「渡り廊下走り隊」などへの楽曲提供など幅広く活動するベーシスト/ミュージシャン髙橋竜奮闘記。


by ricken4001s