ストラップピンを付けてもらいました。(I got my guitar bolted on the strap button.)

 本日は原稿書きだとかスケジュール調整などの細々した雑用を片付けた感じ。そして、以前より「ストラップ・ピンを付けて頂けないでしょうか〜?」とお願いしていたヒストリーの工房で「ジェームスのアコギにストラップ・ピンを付けて頂く」という作業をして頂いた。

 ずっと使っていたタカミネのネックエンドにはストラップピンが付いていたので「今度のジェームスのアコギもそこにストラップ・ピンを付けて弾けば良いや」なんて思って先日見てみたら無い!! そうなるとヘッドにストラップからのひもをくくり付けて弾く事になるのだが、どうも僕の中では「ヘッドにひもをくくり付けている人=岡林信康さんやクロスビー・スティルス・ナッシュ・アンド・ヤングみたいに本当にうまい人」というイメージがあって抵抗があったのだ。

 それに対してネックエンドのストラップピンにストラップを付けている人は「ロックバンドのギタリストやベーシスト、下手したらキーボードの人なんかが調子に乗ってアコギも弾いちゃった感じ=味の人でOK!! 」みたいなイメージがあったのでそうしてもらった感じなんである。

 ちなみにもしかすると「それぐらいパーツを買ってきて自分でドリルで穴をあけて付ければいいじゃん」なんて思っているかたもいると思うのだが、僕はメカにも弱いうえに手先も不器用。全くの想像なのだが妙に東洋思想にカブレているアメリカのオバサンに僕みたいな人がいるのかもしれないなんて思う(う〜ん、たとえがわかりにくい)。

 まあ、というわけでヒストリーの工房のみなさん、ありがとうございました〜!! ここにストラップを付けてジャンジャカ弾こうと思います!! ではでは〜!!!
d0013834_123679.jpg

*いかにも工房の作業机、という感じの机の上でピンを付けてもらいました。(Thanx, the strapp button was attached on my acoustic guitar. On the desk of the factory like this. )
d0013834_1237576.jpg

*ベースではなくてアコギを構える姿、いかがでしょう!? (Do I look good with my acoustic guitar 2? Not with my bass? )


「ベースマガジン ベース基礎トレ365日! 」発売中!! ("BASS MAGAZINE, BASIC TRAINING 365 DAYS FOR A BASSIST!" is on sale now!! )

DANDELION NET SHOPへ!
僕の主催するDANDELION RECORDSの通販ページです!

by ricken4001s | 2011-09-18 23:56 | 音楽 | Comments(2)

Commented at 2011-09-21 18:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ricken4001s at 2011-09-25 01:06
ありがとうございます。見かけ倒しにならないようにがんばります!!